商品検査室だより

食の安全の取り組みの一環として、ホームページに毎月の検査実績と商品相談の概要をお知らせいたします。
多くの組合員さんに、検査を中心とした安全推進活動の中身を知っていただき、商品相談状況など、生協の安全の取り組みについてご紹介いたします。

2017年12月度 CO・OP おいしい赤飯

お申し出

ストックしていたレトルトごはんが、まだ賞味期限内なのにパサパサしていて硬さが均一じゃなくおいしくなかった

検査室からの回答

 常温で長期保存できるレトルトご飯は非常に便利な商品ですが、保存方法で食味変化が発生する事があります。
 ストックしていた製品が立てられた状態で保存されていたり、長時間温かいものの近くに置かれた場合、パッケージ内の水分が移行して乾燥した部分と水っぽい部分ができることがあります。商品を水平に保ったまま積み重ねることで、中の水分が偏ることなく適度で均等な柔らかさで食べられます。長期間保存する場合は置き方にご注意ください。

無駄なく上手に備えるローリングストックのすすめ
カンパンなどの長期保存が可能な食品(非常食)以外に、日常生活の中で使っている食品を備蓄に利用する「ローリングストック」という方法も提唱されています。
普段使いの食品をうまく補充し無駄なく消費することで、防災の備えを充実させるだけでなく、非常時に対する心構えも持つことができますね。

共同購入の商品紹介はこちら

【商品検査のとりくみ】商品検査数 1989件(前年同月1558件)

〈12月度検査状況(17.11.21~17.12.20)〉

検査の種類 検査件数 注意品 内容と結果
微生物検査 1161 7 注意品については再検査、継続調査を実施しましたが、
商品回収・人体危害にかかわる不適合はありませんでした。
残留農薬検査 86 なし 問題ありませんでした。
理化学検査 494 なし 問題ありませんでした。
残留放射能検査 69 なし 生鮮・一般食品を検査し、全て検出はありませんでした
(検出限界値は各20ベクレル/㎏)。
輸入食肉検査 44 なし 問題ありませんでした。

外注検査に出したもの

1 なし 問題ありませんでした。

その他

※店舗・福祉施設の設備の衛生検査など

134 なし 問題ありませんでした。

【商品の相談受付状況】264件(前年同月265件)

  • 人体危害(腹痛下痢、スキントラブルなど)での、複数発生商品はありませんでした。

> バックナンバーを見る

スマートフォンサイトを表示